Carden EXTRA300 Pro

Caredn ≪propela≫

自粛ム-ドが続く中、飛行場にも行けず、近所の公園も人が多くなかなかRCができない日が続いています。


20200506_131126
なんで、Carden用のプロペラを 機体のデザインにあわせて塗ってみました。(塗り終わった写真)


20200503_072111
まず、マスキングシ-トをカット。(カッタ-が写ってますがカットしたのはプロッタ-です)


20200503_075046
ぺらに貼り付け、一色づつ塗っていきます。


20200504_145414
二色が終わったところ。


20200505_093319
三色終わって、マスキングを剥がしたとことろ。


20200506_134526
文字はシルバ-でかるく。濃い色だとデザインが目立たなくなっちゃうんで。


20200506_134536
こっちはちょっと塗りすぎたかなぁ~。


このままでも十分なんですが、これで完成にするか、ぺ-パ-掛けて磨こうかなぁ。



では、また。

Carden 自粛生活

86230405_174030247226367_8297422807764041728_n
86278321_894604880998155_8504836120041750528_n
86350619_741284822941972_4130165281978843136_n
86461620_184458489490599_3142001931187126272_n


新型コロナウイルスにより被害に遭われている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

自粛生活のお陰で、機体制作は少しずつ進んでいます。特に面倒な配線関係を・・・



20200419_094552
KILL SW とイグニッション・受信機をつなぐ配線、結構面倒な作業です。


20200419_095833
今回延長コ-ドは、長さを合わせて自分で作成しました。


20200419_100203
結構微妙な長さで短かったり・長かったりして、スッキりしないんですよねぇ。


20200419_103718
今回は好きな長さで、エルロンの延長コ-ドも作りました。


20200419_105821
これはSWに使うピアノ線。ボールを半田付けします。


20200419_110052
フラックス使うと簡単につきます。


20200419_143251
こんな感じで使います。2レシ-バ-の「E-SW」はこれ一つでON/OFFするんで、
専用の二股コ-ドも作りました。(普通の二股コードは使用できません)


20200419_112053
細かい作業でしたが、結構進みました。


そろそろ飛ばす以外やることがなくなってきました。。。




では、また。

Carden ほぼ完成!

中国・武漢ウィルスにより犠牲になられました方々には、心よりご冥福をお祈りいたします。
また、感染されている方々にも一日も早い回復を願っております。
そして、最善を尽くして感染予防や診療などに日夜、業務に従事し地域医療を支えている看護職をはじめ、医療関係者の皆さまに心より敬意を表します。


20200415_091816
重心の確認のため、、、


20200415_091842
初めて太陽の下に。


20200415_091932
とても素敵な機体!


20200415_102517
この後、スピンナ-を塗りなおしました。この色とても難しいです!!!


20200415_092041
取りあえず記念撮影。

初飛行は今のご時世なんで、未定です。



中国・武漢ウィルスが終息するよう、日本人として出来ることを推進していきます。
セルフ・ロックダウン



では、また。

カウリング回り

84280539_1762730330524180_7521597005089472512_n


もうすぐ完成ですね。
今回はカウリングの穴あけを・・・




20200408_111802
まずは、マフラ-の取り付け。
テフロンのジョイントは、搭載前にガスコンロで熱を入れ馴染ませます。


20200409_072516
前側ニ-ドル調整用の穴。気を付けないとヘッダに当ってもう一つ穴をあけることが起こるんで、慎重に。


20200409_073036
後ろ側はこの辺に。


20200409_083431
チョ-クのロッドの穴と、空気口?? 窓になってたんで穴をあけました。


20200409_084517
でも空いてるとエンジンが不調になるんで、必ず塞ぎます。(透明のプラスティックで)


20200409_084527
接着するときは、外からテ-プを貼ると、抑えていなくても平気なんです。


20200409_105627
エア-ラインは今回、銅パイプを使用しました。
ホ-スだと結構暴れていろんな所に行っちゃうんですよね!



あとはもう少し細かいところと、重心見て受信機・バッテリ-で終了かな。



では、また。

エンジン回り

82128306_1781541125303923_4998879785473015808_n
82630876_809112902939219_122221673888874496_n


今回は、エンジン回りの組み立てを・・・



20200401_143247

なんてことはありません。エンジン回りまでは出来上がっての「究極のARF」なんで、ねじで締め付けるだけなんですけどね。


20200401_152431
爪つきナットにナイロンナットを掛けます。もちろんゆるみ止め。


20200401_143125
取付完了!


80218879_2507146316079951_4497357944672747520_n
今回は、エア-バッフルも出来上がってるんで楽ちんです。


20200404_105247
燃料タンクの組み立て。キャップはできればアルミ製にバ-ジョンアップをお勧めします。取り付け部のねじの締めすぎで、タンクのパーティングラインから割れることが、稀に起こります。
フィルタ-はエア-ラインにも。


20200404_105146
内部の様子。
僕は、タイゴンチュ-ブはステンのワイヤ-で内部・外とも縛ります。
タイゴンチュ-ブって、ガソリンに浸ると柔らかくなり、抜けやすくなるんですよね。古くなってカチンカチンに硬くなったタイゴンチュ-ブも、ガソリンに浸ると柔らかくなりますからね。


20200410_142454
タンクのマウントを作って、こんな感じかな。


20200404_132724
そして今回、尾輪のマウント部に1mmのカ-ボン板を貼りました。
Ohio Superstar 尾輪』を使うんですが、尾輪自体は大変丈夫なため、滑走路の凸凹等でマウントが割れる時があるんですよ。



そろそろ先が見えてきました。



では、また。
お問い合わせ
アーカイブ